認知症の種類と分類

説明 スポンサードリンク


脳血管性認知症とは?具体的な症状について

アルツハイマー型認知症と並び、代表的な認知症のひとつである脳血管性認知症は、多発梗塞性認知症とも呼ばれ、脳梗塞(のうこうそく)の多発や、脳出血(のうしゅっけつ)が原因となります。

これらの脳の血管障害により、いろいろな精神障害の元となるたくさんの小さな梗塞巣(こうそくそう)ができたり、脳の特定部位の障害を引き起こしたりします。

アルツハイマー型認知症とは?詳しい原因と特徴

代表的な認知症のひとつであるアルツハイマー型認知症に対しては、まだその治療法が確立していません。通常は発病から5年ないしは10年で死亡するケースがほとんどです。

その症状は、神経系の障害による異常が、失禁や歩行困難という形で現われます。末期には完全な痴呆の状態を示し、場所や時間、人に対して把握する能力が失われてしまうとともに、寝たきりの状態になります。てんかんの発作が起きる場合もあります。

認知症とは?どんな症状が現れるのか

「認知症」という言葉を聞いたとき、皆さんは何を想像しますか。多くの人は、ボケた老人を思い浮かべると思います。しかし、実際には老人特有の病気ではなく、30才代での症例もあります。

以前は痴呆症という言葉が使われていましたが、「痴呆」という表現には侮蔑的な意味も含まれているため、最近では「認知症」という用語が広く用いられています。