耳鳴りの種類とは?

説明
スポンサードリンク


耳鳴りの種類とは?

太郎:花子ちゃん、病院に行ってきた?

花子:うん、行ってきて検査とか問診はあったけれど、結果が出るのはまだ先になるって・・・。

太郎:ふーん、他覚的耳鳴りでなければいいけど・・・。

花子:なに?その他覚的耳鳴りって?

太郎:花子ちゃんのお母さんが心配で、僕も詳しく耳鳴りについて、ネットで調べてみたんだけれど、耳鳴りには自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りの2種類があってね、他覚的耳鳴りの場合、脳動脈瘤や大動脈瘤が原因ということもあるらしい。


花子:普段生活していて、そんな感じは全然していないんだけど・・・。

太郎:それほど例はないらしいから、大丈夫だとは思うけど。多くの人は自覚的耳鳴りで、血流が原因というわけではないらしい。そのあたりのことは、検査で詳しく分かるらしいよ。

花子:じゃ、おそらく自覚的耳鳴りね。でも年も年だし分からないや・・・。

太郎:検査待ちだね。あと、自覚的耳鳴りには大きく分けて2種類あって、低音性耳鳴りと高音性耳鳴りに分けられる。

花子:それは本人でないと分からないなぁ。今日帰ったら聞いてみる。

太郎:でね、低音性耳鳴りの場合の特徴は「低音が聞き取りづらい」という点があって、原因は難聴かメニエール病と言われている。

花子:それはどうだったかなぁ。やっぱりわからないや。

太郎:おそらくこの部類に入るんじゃないかなって思った。というのも、高音性耳鳴りの場合は老人性難聴が原因ということが多いらしいから。

花子:うちの母親が聞いたらすごく喜ぶとは思うけど、もう年だし、高音性難聴かもしれないよ。

太郎:そうかもね・・・。で、高音性の場合は、普段、高音が聞き取れないにもかかわらず、高音の耳鳴りが聞こえてくるんだ。

タグ