耳鳴りの基本的な特徴とは?

説明
スポンサードリンク


耳鳴りの基本的な特徴とは?

花子:さっき、太郎は「耳鳴りは聴覚のどこかが病気になっている」と言ってたけど、具体的にはどこがどうなってしまうの?

太郎:基本的に人間の聴覚というのは優れていて、静かな環境であれば自分の血液の流れも分かるほどなんだ。

花子:ふーん。

太郎:でも、それは耳鳴りとは違う。耳鳴りというのは、個人差はあるようだけど、高音や「キーン」とした音が鳴るんだ。これが続くので、みんな苦しいわけだね。

花子:だから、早く耳鼻科に行け、ということなのね。

太郎:まあ、そういうことだね。それでね、耳鳴りは聴覚と言っても耳の中の「鼓膜」「外耳」「中耳」「内耳」といった器官の異常が原因となるんだけど、それがよく分かっていないんだ。

花子:えっ、分からないの?

太郎:中には耳垢が溜まることや鼓膜が何らかの原因で圧迫される、あるいは風邪が影響した、というように、原因が判明することもあって、それならば対処もできるんだろうけど、基本的には分からない。だから、それを緩和するしかないんだ。

花子:うーん、でもそれだと、病院に行っても「ムダ」になるんじゃないかな・・・。

太郎:でも、行かないよりは行ったほうがいいと思うよ。原因が分からなくとも、生活に支障をきたしている耳鳴りを緩和できるのかもしれないんだから。

花子:最近、ストレスも感じていたせいもあるのかな・・・。

太郎:それは僕にはわからないけれど、鼓膜を傷つけたということもあるわけだから、気にしないほうがいいと思うよ。

花子:うん、わかった。早めに受診してみるね。近くの耳鼻科に予約のTEL入れておこう。

タグ