耳鳴りの治療は投薬とマッサージ

説明
スポンサードリンク


耳鳴りの治療は投薬とマッサージ

太郎:確かにいろいろな治療法はあるよ。たとえば、メニエール病だと診断されると、メニエール病の病気に応じて、いろいろな投薬がされるんだけれど、そうした薬の中には、耳鳴りに効果のあるものもあるらしいから。その一つがさっき言ったステロイドあるいはビタミンB1だね。

花子:ふーん。それだとすると、高血圧の降圧剤なんかも当てはまるかな?

太郎:確かに、血圧を下げるわけだから効き目はあるのかもしれないけれど、あくまで血圧を下げる薬であるから、耳鳴りに直接効果があるかどうかは微妙なところだね。血圧が下がって、もしかしたら耳鳴りにも効果があるのかもしれないけれど、降圧剤を飲んでも、血圧が通常値に戻るのは一過性なものになりがちだし・・・。


花子:耳鳴りの治療の研究が進めばいいのにね・・・。

太郎:基本的に一生付き合うという覚悟が必要らしいけれど、覚悟というよりは「あきらめ」を持つ気持ち、ストレスを溜めないということが大事になってくる。だから、耳鳴りを気にしない「聴覚を作る」ということを考えなくてはならない。

花子:血行不良が原因だとすると、夜の睡眠だけを考えればいいわけね。

太郎:もちろん、昼間のことも考えなくてはいけないけれど、基本的にはそうなる。また、マッサージは効果的なようだよ。とにかく血行を良くすることは、原因が分からない、と医師に判断されたのならば、試してみる価値はありそうだ。

花子:マッサージについては、病院の治療と並行してやってみようかと、昨日眠りにつきながら考えていたんだ。いろいろと近くのマッサージ院や鍼灸院について詳しく見ておくね。

太郎:それがいいだろうね。僕も見ておくよ。

タグ