耳鳴り原因・治療ナビ@キーン症状は危険?

説明 耳鳴りに罹る原因についてはさまざまあり、どう対応してよいか、未だに確固たる治療法は確立されていません。
今回、更年期障害で仕事と家事を両立している主婦が、なぜ耳鳴りに罹ってしまったのか、ということを「お話し風」にまとめて、耳鳴りへの対処法をまとめたのが本サイトです。
どうすれば、耳鳴りと向き合った生活ができるのか見ていきましょう。
スポンサードリンク


チェック1 耳鳴りの基本的な症状とは?

・耳鳴りには「急性」と「慢性」がある。耳鳴りは自覚症状があった場合、すぐに耳鼻咽喉科に行くのが基本線。ただし、それ以外の症状があるのならば、当然、それに応じた診療科目を受けるべき。
・というのも、脳腫瘍や脳梗塞が耳鳴りの原因となる場合があるからだ。
・それ以外は「急性感音難聴」の可能性がある。


チェック1 耳鳴りの種類とは?

・自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴り
他覚的耳鳴りの場合、脳動脈瘤や大動脈瘤が原因となることもある。つまり、本当に音、つまり血流の音が聞こえるということである。自覚的耳鳴りは、そうではなくストレスによって音が聞こえていないにもかかわらず聞こえている錯覚も含め、聴覚・脳などの不具合によって発生する。


チェック1 夜に耳鳴りがする

・主に「キーン」という音が鳴る場合もあるが、個人差がある。他覚的耳鳴りでなければ、やはりストレスや倦怠感といったものが原因であると考えられている。今回の場合、50代主婦の更年期障害も含め、発症したといった形でまとめているが、必ずしもそれだけが原因ではなく、当然、男性でも耳鳴りは起こり得る。


チェック1 耳鳴りと難聴の因果関係は分からない?

・耳鳴りから転じて難聴になる場合もあれば、難聴から転じて耳鳴りになる場合もある。どちらかの症状が起こってしまった場合、副次的なものとして、こういったことも想定しなくてはならない。いずれにせよ、早期の診療機関での治療が必要だ。