年齢による関節炎の傾向

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


年齢による関節炎の傾向

関節炎を発症するという原因には、さまざまなタイプがあります。
もちろん、高齢者の方々が多いということになるのですが、条件さえ合ってしまえば、若年層でも関節炎を発症してしまいます。ここでは、その「導入部分」として、その概略に触れていきましょう。

①加齢による関節炎
これは前項でも述べましたが、高齢者の方々は、もうすでに若年のころの体力はなくなっています。こうした中で関節炎に罹患してしまうということは、関節痛・腫れといったことがひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

また、これも加齢と関係がありますが、どうしても人間は自らの体重を支えなくてはなりません。そうしたことからも、関節炎に悩まされてしまう方が多いのです。


②若年層・子供の関節炎
若年層、あるいは50代までといったくくりで考えていくと、まず加齢による関節炎というのは少ないでしょう。しかし、体を酷使することによる関節炎というのは、実は意外と発症する方が多いのです。

主に、スポーツによる発症が多いとされていますが、この点も含め、後述で具体的に見ていきます。

また、関節が不自由となってしまう「関節リウマチ」については、高齢者よりも30代・40代にかけて多く発症者が見受けられます。この点についても、見ていきましょう。


③乳幼児の関節炎
関節炎は、乳幼児でもその症状が現れることがあります。これは乳児の成長に深刻な影響を与えることにつながります。

乳児の場合、歩き出す頃になってようやく異常に気がつく、といったことが多いのが現状です。乳児検診等で、医師に尋ねてみるのが得策です。