関節炎と向き合うには?

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎と向き合うには?

誰しも人間、加齢するごとに体が衰えてしまうものです。そうした代表例の一つに、関節痛・関節炎があります。

関節炎はどのようにして発症するのでしょうか?これについては原因が多岐にわたっており、詳しくは後述していきますが、関節がなんだか動かしにくく、痛みが走るといったところが、その初期症状でしょう。

そして、できればこうした初期症状のうちに、医療機関を受診することが必要です。といいますのも、関節炎は関節そのものの痛みが弱く、発症度合いが小さいものでも、関節内で細菌が発生し、膿み・腫れがひどくなることが多く、症状が悪化した場合、骨が変形してしまう恐れがあるからです。

また、関節炎の治療は一朝一夕で対処できるものではありません。原因を特定し、粘り強く治療していくことが求められます。治療方法としては、医療機関による薬物投与やその他に温熱療法等がありますが、これについても、詳しくは後述していくこととします。

薬物投与については、基本的には関節炎の痛みを和らげるという点に、その治療主眼が置かれます。また、合わせてリハビリテーションについても、行っていきます。その他にも、患部を安定させるように固定します。例えば患部が手首であるならば、サポーターなどを使い、患部を固定するのです。

また、温熱療法についても、根本的には痛みを和らげるという点は同じです。こちらがいいという方も大勢おられます。

こうした、関節痛・関節炎をどう対処していけばよいのか?次項以降で見ていくこととします。