関節炎発症の詳しい原因とメカニズム!

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎発症の詳しい原因とメカニズム!

ここからは、関節炎の詳しい原因について、見ていくこととしましょう。関節炎が特に高齢者に多く発症し、若年層・乳幼児も含め発症するということは、述べさせていただきました。では、その発症のメカニズムとはどのようなものなのでしょうか?

まず、多い症例としては「関節組織の劣化」です。これは加齢や肥満等により、関節組織に負担がかかることで、徐々に関節組織が摩耗し、関節痛・関節炎が発症するのです。つまりは、車のタイヤなどと同じようなもので、使ってしまえば、擦り切れてしまうもの、それが関節なのです。
こうなってしまうと、腫れや痛みが患部に生じ、日常生活が不自由となってしまうのです。

また、骨粗鬆症や細菌感染の「合併症」として、関節炎を罹患することがあります。骨粗鬆症はカルシウム不足がその原因の一つとなっていますが、関節もカルシウムで生成される面があり、カルシウム不足が関節炎の原因となることもあるのです。また、細菌が関節に繁殖してしまえば、これもまた関節炎の原因となります。

若年層については、スポーツが関節炎の原因となることがあります。といっても、単なる余暇で行うスポーツではなく、職業として行う方々、つまりプロスポーツ選手が発症することが多いのです。

やはり練習を過度に行うという影響が、関節を早く摩耗させてしまうのでしょう。

いずれにせよ、関節炎は関節の「劣化」「摩耗」によって引き起こされるものであるということを、理解しておきましょう。

タグ