関節炎が発症したらどう生活する?

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎が発症したらどう生活する?

関節炎を発症した段階で、私たちはどのような生活を過ごす必要があるのでしょうか?具体的な治療法や予防法については、後述するとして、ここでは「生活面での過ごし方」について、見ていくこととします。

関節炎の発症は、下手をすると日常生活に大きな支障をきたす恐れがある疾病です。以下の点は、心がけていきたいところです。

・食事の改善(体重増加につながらない食事)
・十分な睡眠
・関節に負担がかからない程度に動く
・酒、タバコを抑える
これは、関節組織自体が血流や代謝といった身体の状況に応じて、痛みも走れば、それが落ち着くということもあり、まさに「一蓮托生」な関係なのです。

また、このような観点から考えていくと、以下のような点にも配慮が必要となるでしょう。

・保温の重要性(体を冷やさない)
・関節生成に効果のある食事
・水分摂取の重要性

まず順番に見ていきましょう。まず、保温についてですが、薄着を避ける、暖かい飲み物を適度に摂取するということが挙げられます。

また、関節生成に効果のある食品としては、カルシウム類もそうですが、サメの軟骨やそれらに関連のあるもの、あるいはたんぱく質、ビタミン・ミネラル類などがよいとされており、関節炎患者の方々に愛用されています。

逆に、トウガラシやカレーといった香辛料、つまり辛く、刺激の強いものは避けるべきです。また、身体の冷やすものの大量摂取は避けましょう。 

水分摂取については、便秘を抑制するということが挙げられます。便秘は体内循環を妨げるものであり、関節炎の大敵とされています。