年齢・男女別での関節炎の発症傾向

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


年齢・男女別での関節炎の発症傾向

関節炎は全世代において発症する可能性のある疾病です。ですが、その年齢・性別により、発症傾向がおとなるという内容は、ここまでまとめてまいりました。ここでは、もう少し詳しく、その点について明らかにしていきましょう。

①化膿性関節炎・変形性関節症
これら二つの「関節炎」については、年代別・性別にかかわらず、発症する傾向があります。これらは、膿む・変形するといったことからもお分かりのように、関節炎が進行してしまった症状です。ですので、「傾向」というもの自体が見られないのでしょう。
②関節リウマチ
関節がリウマチになってしまう、いわゆる関節リウマチに関しては、4:1の割合で女性が発症する割合が高いというデータがあります。

これは、リウマチそのものが女性の病気であり、それが影響しているのではないかと考えられています。年代別では40代に多いとされています。

③痛風関節炎
関節リウマチとは異なり、痛風関節炎は逆に男性が発症しやすい症状であるとされています。女性の20倍の発症比率であり、まさに男性の病気と言えましょう。

これは、リウマチ同様、痛風が男性特有の病気であるためだと言えます。痛風の原因は尿酸の多さですが、女性の場合、女性ホルモンが尿酸を排出する働きがあるため、かかりにくいのです。年代別では50代が多いのですが、近年では若い世代でも発症者が増加しています。

④肥満体形
肥満であればあるほど、関節炎の発症リスクは高くなります。体重が多ければ多いほど、関節を「摩耗」させるからです。

⑤関節症性乾癬
関節症を起因とする乾癬、つまり「かゆみ」を指します。これについては20代・30代の男女が罹患しやすいようです。