関節炎とは?

説明 スポンサードリンク


関節炎が発症したらどう生活する?

関節炎を発症した段階で、私たちはどのような生活を過ごす必要があるのでしょうか?具体的な治療法や予防法については、後述するとして、ここでは「生活面での過ごし方」について、見ていくこととします。

関節炎の発症は、下手をすると日常生活に大きな支障をきたす恐れがある疾病です。以下の点は、心がけていきたいところです。

・食事の改善(体重増加につながらない食事)
・十分な睡眠
・関節に負担がかからない程度に動く
・酒、タバコを抑える

年齢・男女別での関節炎の発症傾向

関節炎は全世代において発症する可能性のある疾病です。ですが、その年齢・性別により、発症傾向がおとなるという内容は、ここまでまとめてまいりました。ここでは、もう少し詳しく、その点について明らかにしていきましょう。

①化膿性関節炎・変形性関節症
これら二つの「関節炎」については、年代別・性別にかかわらず、発症する傾向があります。これらは、膿む・変形するといったことからもお分かりのように、関節炎が進行してしまった症状です。ですので、「傾向」というもの自体が見られないのでしょう。

関節炎発症の詳しい原因とメカニズム!

ここからは、関節炎の詳しい原因について、見ていくこととしましょう。関節炎が特に高齢者に多く発症し、若年層・乳幼児も含め発症するということは、述べさせていただきました。では、その発症のメカニズムとはどのようなものなのでしょうか?

まず、多い症例としては「関節組織の劣化」です。これは加齢や肥満等により、関節組織に負担がかかることで、徐々に関節組織が摩耗し、関節痛・関節炎が発症するのです。つまりは、車のタイヤなどと同じようなもので、使ってしまえば、擦り切れてしまうもの、それが関節なのです。

タグ

年齢による関節炎の傾向

関節炎を発症するという原因には、さまざまなタイプがあります。
もちろん、高齢者の方々が多いということになるのですが、条件さえ合ってしまえば、若年層でも関節炎を発症してしまいます。ここでは、その「導入部分」として、その概略に触れていきましょう。

①加齢による関節炎
これは前項でも述べましたが、高齢者の方々は、もうすでに若年のころの体力はなくなっています。こうした中で関節炎に罹患してしまうということは、関節痛・腫れといったことがひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

関節炎と向き合うには?

誰しも人間、加齢するごとに体が衰えてしまうものです。そうした代表例の一つに、関節痛・関節炎があります。

関節炎はどのようにして発症するのでしょうか?これについては原因が多岐にわたっており、詳しくは後述していきますが、関節がなんだか動かしにくく、痛みが走るといったところが、その初期症状でしょう。