関節炎の治療

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎の治療

関節炎での治療とは、どのようなものなのでしょうか?ここではそういった治療方法について、まとめていきたいと思います。

①まずは原因を把握する
どういった病気でもそうですが、まずは原因を特定することが、何よりも重要となります。

関節炎は、先にまとめてきたように、原因が多岐にわたっており、それぞれの症状に応じて、治療が施されます。

当然ながら、問診で原因を把握することが何よりも重要ですが、そうでない場合もあるのが関節炎です。検査を行うことも同時に行われます。主にX線撮影が行われるのですが、この検査では骨の変形や骨の一部が剥落してないかなど、あるいは関節部分において不具合の有無がについて、検査されます。

また、血液検査も非常に重要となります。なぜなら、場合によってはで細菌に感染した、つまり細菌性の関節炎である確率もあるからです。

関節が腫れ、化膿しているようなら、関節せん刺という組織検査が行われます。これにより、菌があるかどうかを確認するのです。


②実際の治療
関節炎の治療方法については、以下の施術方法が取られるのが一般的です。

・外科手術
・薬物療法
・温熱療法

このうち、薬物・温熱療法については、別項で詳しくまとめていくこととして、ここでは、外科的な手術の方法について、見ていくこととしましょう。

骨の変形部分を正常な形に近づけるような手術としては、以下のようなものがあります。

・骨切除術
・人工関節置換術
・関節固定術

また、化膿性関節炎の場合、化膿部分を洗浄するためにチューブを通し、患部をきれいにした後、抗生物質を投与して、炎症を押さえるという治療方法もあります。