関節炎の手術

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎の手術

関節炎の手術方法について、この項ではまとめていきましょう。

①外科手術で多いのは変形性関節症
変形性関節症が、外科手術で最も多い症例です。この場合、肥満や加齢によって関節が摩耗してしまい、やはり修復することが必要となってきます。

また、慢性関節リウマチについては、その症状の特徴として関節部分に曲がりや歪みが生じてしまいます。これも外科手術が必要な関節炎・関節症です。


②人工関節置換術とは?
人工関節置換術とは、関節炎でも関節の損傷が著しく激しい時に行われる手術です。人工関節置換術は、人工関節を患部に埋設する大手術なのですが、寝たきり患者が歩行できるまでに回復する場合が多いとされています。

人工関節についても、身体に自然な形で装着できるように、素材の開発が進んでいて、さらなる発展が期待できます。


③その他の関節炎手術
関節炎での手術としては、骨切除術や関節固定術、滑膜切除術などがあります。

骨切除術は、読んで字の通り、骨を切除することであり、関節固定術は不規則に動きがちな関節を固定するものです。また、滑膜切除術についても、同様なことが言えます。


この3つの手術法は、痛みの原因を根本から除去する手術法です。症状や原因によってこれら3つや、先ほど挙げた人工関節置換術などを症状に見合った形で、治療法が選択されることとなります。

また、薬物療法や生活指導についても、手術ばかりではなく、同時に行われていきます。大事なのはリハビリです。手術はリハビリがうまくいくまでだ、と考えておき、リハビリにも努力する必要があります。