関節炎の症状を知ろう!

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎の症状を知ろう!

関節炎の症状には程度の応じて、さまざまな痛みがあるようです。それについて、ここからは詳しく見ていきましょう。

①一般的な症状
関節炎を発症してしまうと、多くの人々はその患部を動かした時、膝や肘に痛みを感じてしまうのですが、さらにひどくなってしまうと、患部に腫れが生じることで動かすのが難しくなる場合があります。

こうした腫れが生じた場合は、「引きつる」程度で痛みはさほど生じないということもあれば、激痛が走る場合もありますので、一概には言えません。

②診察を受けないと大変なことに
関節炎になると、激痛でも走らない限り、自宅の薬箱にある湿布等で治そうとされる方が多くいらっしゃいます。ですが、こうした自己判断では、患部が悪化することが多くなります。

ですので、まずは診察を受けることが大切です。そうすることで、患部を固定する処置が取られるなどといったことが行われます。痛みをかばってばかりだと、さらに無理な体勢を強いられるようになりかねません。


③加齢による関節炎の症状
加齢の場合、関節自体が弱体化することで起こる場合が多いですので、関節ばかりでなく、骨も弱体化していることが多いです。そうした骨の弱体化から関節炎を併発することもあります。

もともと関節は骨と骨を結ぶ「かけ橋」のような存在です。そして、動かすたびに摩耗していくわけですから、加齢というのはまさに関節炎の「敵」なのです。

とはいうものの、人間、加齢することは避けられません。規則正しい生活を行っていくことで、なんとか関節炎を防いでいきたいところです。

タグ