関節炎にはさまざまな種類がある

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎にはさまざまな種類がある

これまで関節炎の原因やメカニズムについてみて参りましたが、そのなかでさまざまな関節炎の種類が登場してまいりました。

ここでは、そうした関節炎の種類について、整理した形で、もう少し詳しく見ていきたいと思います。まずは、どのような関節炎があるのか、下記にまとめてみました。


①膝や股間節に負荷をかけてしまうことで起こる関節炎

・変形性関節症
・化膿性関節炎
・結核性関節炎
・関節リウマチ
・痛風関節炎

原因については、これまで挙げてきたような肥満や加齢、スポーツといったところが挙げられます。ほとんどの関節炎患者はこれらのうちのどれかにあてはめることができます。


②自己免疫疾患、自己の行動を起因とする関節炎

・15歳以下の子供がかかりやすい関節痛
・リウマチ熱
・腱鞘炎から関節炎に類似した症状を発症する

リウマチ熱については、関節の痛みから数日間発熱が現れる症状を指し、腱鞘炎を放置し、さらに何かしらの行動で患部を傷めてしまうことで、関節炎に似たような症状に陥ることもあります。姿勢の悪さといったことでも起こり得るようです。


③関節炎ではないが、関連性のある疾病

・関節鼠(関節遊離体)
・膝内症
・突発性骨壊死

関節鼠(関節遊離体)は、関節に剥がれた骨の一部が乗ってしまい、ネズミのように動いてしまう病です。プロ野球選手に多く、動くと激痛が生じます。

膝内症は膝の骨・半月板といった個所がバランスが取れなくなり、痛みが生じる病。突発性骨壊死については、骨端に血液が流れなくなってしまい、壊死してしまう病です。関節炎のような痛みの症状が現れます。