関節炎が起こりやすい部位

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎が起こりやすい部位

関節炎が起こりやすい、身体の部位とはどのようなところなのでしょうか?代表的な部位としては、下半身の関節、肩から手首といった腕部といったところが中心として挙げられます。この点について、具体的に見ていきましょう。

①下半身の関節
・股関節、膝関節
肥満や加齢、スポーツといった要因で起こる関節炎の場合、こういった股関節・膝関節に発病するケースが目立ちます。体重に負担がかかるという面も大きいのですが、この他に、日本人の生活様式も大きく関係しているのです。

日本人は「膝を曲げる文化」であり、西洋の「イスを使う文化」とは趣を異にします。トイレなども同様でした。こうしたところから、股関節や膝に負担がかかりやすい民族であると言えるのです。


②腕部の関節
・肩関節
肩の関節を傷めるケースとしては、スポーツによる影響が大でしょう。特に肩を使うスポーツ、野球やバスケットボール、柔道や相撲といった競技において、肩関節に関節炎の痛みを発症するケースが目立ちます。

・手首の関節
現代人と切っても切れないものがパソコンです。パソコンは手先を良く動かしますので、手首を中心に指などに痛みを発症してしまう方が多く、関節炎に似た痛みを感じてしまう方が多いようです。


③その他の部位の関節
肘に関節炎を起こる場合についても、スポーツ起因が多いです。首関節、顎関節炎、背骨部分の関節の痛みといった点については、怪我がその理由としては多いといえます。もちろん、特に顎関節炎については「使いすぎ」、つまり加齢が要因と言う場合もあります。るでしょう。