関節炎の原因【ストレス】

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎の原因【ストレス】

ストレスというのは、本当に体のさまざまな疾病の発症因子となるものです。ガンや心臓病といったことに始まり、脱毛症などもストレスが起因の一つであると考えられています。関節炎も例外ではありません。

①体の硬直が原因となる
ストレスが過多な状態になると、筋肉が緊張状態となり、全体的に身体が硬直した状態になる傾向にあります。

こうした状態が長く続くと、当然ながら関節にも負担がかかります。これがストレス性関節炎を引き起こす理由とされています。

また、ストレスは身体の免疫機能を低下させてしまうと言われていますので、ますます関節痛・関節炎を助長させてしまうのです。


②歯を強く噛みしめるだけでも発症する
体の硬直、ということは、例えばストレスや緊張状態が続く中で、歯を強く噛みしめてしまうことでも、関節炎は発症する可能性があります。

この場合の関節炎は顎関節炎が中心となりますが、基本的には頭部・頚部であれば、関節炎にかかる恐れはあります。いずれにしても、筋肉の緊張状態が、関節炎を誘発するのです。


③関節リウマチの要因ともなる
ストレスは、関節炎のみならず、関節リウマチの原因ともされており、注意が必要となります。

こうした、ストレス性の関節炎・関節リウマチに対処する方法としては、ストレスをうまく発散させるということ以外にありません。精神的なストレスも当然ですが、運動不足の方は簡単な運動を心がけ、身体的にもストレスを発散させる必要があるでしょう。そうすることで、ストレス性の関節炎予防につながるでしょう。