関節炎の原因【アレルギー】

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


関節炎の原因【アレルギー】

ここからの項では、「こんなことからも関節炎になるんだ」といったような、あまり考えにくいところからの要因について、見ていきたいと思います。

はじめに、関節炎とアレルギーとの関係性について、まとめていきます。

①アレルギー患者は急増している
アレルギーというものは、誰しもが起こり得る疾患であり、その発症のメカニズムすら完全に解明されていないほどの「難病」なのです。

普段、私たちが接するアレルギー疾患としては喘息や花粉症、蕁麻疹といったものがあります。アレルギーから関節炎を発症するという話は、それほど聞いたことがないというのが、一般的な反応でしょう。


②関節炎はアレルギーでも発症する
関節炎は、関節内の不具合、つまり炎症などで生じる病なのですが、この炎症が発生する原因というのが、実はアレルギーに起因すると言われているのです。

残念ながら、このメカニズムが解明されていないため、詳しくは述べられませんが、アレルギー体質に方の中に、関節炎を発症する方が少なからず居り、こうした点から、アレルギーと関節炎の関連性が指摘されているのです。


③原因不明の関節痛はアレルギーを疑うべき
関節痛が続き、診断の結果、関節炎だと分かった段階で原因が不明であるというケースはが存在します。

こうした場合は、医師によってですが、アレルギーテストを受診するような処置が取られる可能性があります。アレルゲンを確定し、アレルギー体質であると判断された場合、往々にして、関節炎の原因はアレルギー体質にあると判断されるのが、妥当な見方です。