関節炎の原因・症状と治療!

説明 「関節が痛む・・・。」関節炎にどう立ち向かうか。中高年にとって、以外に恐ろしい病なのがこの「関節炎」です。
関節炎は放っておくと、寝たきりになる可能性もある、以外にも恐ろしい病なのです。
また、関節炎は中高年ばかりではなく、若年層や幼児でも罹る危険性があり、全ての人々が注意せねばならない病なのです。当サイトではこうした観点から、さまざまな関節炎に関する情報を提供していきます。
スポンサードリンク


チェック1 関節炎と向き合うには?

・関節痛・関節炎であると自覚したら、すぐにでも医療機関を受診しよう。場合によっては、関節内で細菌が発生し、化膿や骨の変形を引き起こすことがある。
・治療法としては、薬物療法や温熱療法などがある。また、リハビリテーションがとても重要となる。


チェック2 関節炎発症のメカニズム

・関節炎発症のメカニズムの多くは「関節組織の劣化・摩耗」である。使いすぎて擦り減ってしまう、車のタイヤのようなものだ。
・また骨粗鬆症や細菌感染の「合併症」として発症することもある。また、過度にスポーツを行うことでも、関節炎を発症する。


チェック3 関節炎の原因【アレルギー】

・現代は、アレルギー患者が急増している。そして、関節炎はアレルギーでも発症し得るものである。
・原因不明の関節痛・関節炎は、こうしたアレルギーが起因であるということが、まず所見として疑われる。アレルギーテストを行い、アレルゲンの有無を判別する。


チェック4 関節炎にはさまざまな種類がある

・関節炎にはさまざまな種類がある。その種類としては以下の通り。
①膝や股間節に負荷をかけてしまうことで起こる関節炎
②自己免疫疾患、自己の行動を起因とする関節炎
③関節炎ではないが、関節鼠のような関連性のある疾病